株式会社明治が展開する牛乳ブランド「明治おいしい牛乳」。

独自のナチュラルテイスト製法等でこだわった明治おいしい牛乳は、2022年から紙パックのリサイクル率向上を呼びかけるWEB動画の制作等を経て、この度「明治おいしい牛乳 モーモーリサイクルラボ」プロジェクトとして11月1日より始動しました。

 

紙パックリサイクル率向上を目指す「明治おいしい牛乳 モーモーリサイクルラボ」プロジェクト本格始動

 

紙パックのリサイクル率が低迷を払拭するべく活動する明治おいしい牛乳

日本での紙パックリサイクルは1984年に始められたものの、飲料用紙パックの回収率は僅か約30%程度。後発として1993年に本格化したペットボトルの回収率「94.0%」に大きく後れを取っているのが現状です。

紙パックとペットボトルの回収率の開きには、回収までの手間・方法等が異なっている点が理由の1つ。

昨今のペットボトルは自販機横などに回収ボックスが設置してあり、そこにラベルを剥がして投入するだけで回収されるという手軽さもあり、これだけのリサイクル率向上に繋がっていると言えます。

しかしペットボトルと違い、紙パックの回収には「洗う」「開く」「乾燥」という洗浄過程を経た上で分別・回収して貰わなければならないことや、そもそもリサイクルに出すための方法を知らないという方も増えており、それが回収率が伸び悩んでしまっている理由の1つとなっているそう。

そのような背景がある中で「明治おいしい牛乳」では、2022年に小学生をメインターゲットとした紙パックリサイクルについて学べるWEB動画「探偵メイと解明せよ!牛乳パックのゆくえ」や、紙パックの「転職(リサイクル)」を描いたWEBショートムービー「紙パック転職大作戦」等を公開し、紙パックのリサイクル普及率向上を目指す取り組みを実施。

そして今回、この取り組みをさらに強化・継続すべくプロジェクト化し本格始働。

プロジェクト化後から初となるこの施策では、児童たちが主体的にリサイクルに取り組む姿勢を育んでリサイクル普及率を向上させることを目的に、紙パックリサイクルの過程を「講義」と「実践」で学ぶ“出前授業”を行いました。

 

出前授業「みて・つくって・おくる!あたらしいリサイクルの教室」開催

今回開催された紙パックのリサイクルについて学ぶ出前授業では、授業風景を動画化。

より多くの方々に紙パックのリサイクルに興味・関心を持って貰うべく、明治おいしい牛乳の公式サイト上で公開しています。

動画では、小学生たちが紙パックが生まれ変わる過程を真剣に学ぶ眼差しや「紙すき体験」を行う際のワクワクした表情が映されており、楽しみながら学んでいることが分かります。

そしてリサイクルを頑張った子供たちに、紙パック製の「明治おいしい牛乳」オリジナルタオルがプレゼント。

思わず匂いを嗅いでみたり飛び上がって喜ぶ無邪気な姿など、子供たちがリサイクルと真摯に向き合い、そして「気付き」を得る瞬間が映像に収められています。

また出前授業後に実施した布佐小学校の子供たちへのアンケートでは、

「3割しかリサイクルをされていないと知ってとってもびっくりしました。リサイクルを心がけていき3割を10割にしたいと思った。」
「年下の子たちや年上の人たちにも(紙パックがリサイクルできることを)教えてその子たちから大人へ、そしてみんなが紙パックをリサイクル出来るようにしたいです。」
「自分から行動して、周りで見てた人におぼえてもらう。」

などの声が集まり、紙パックリサイクルに対する意識の芽生えや高まりが顕著に現れた結果となりました。

小林道治校長先生は、

「日頃から身近に見る明治さんの商品を活用した牛乳のリサイクル授業ということで、子供たちが意欲的に取り組む姿が見られて本当に良い授業だったと思います。」

とコメント。

「明治おいしい牛乳」では、今後も本プロジェクトを通じ、牛乳業界を牽引する企業としての責任を果たすべく、紙パックリサイクルの啓発活動を引き続き展開していくと語っています。

 

「明治おいしい牛乳 モーモーリサイクルラボ(MORE & MORE RECYCLE LAB)」概要

プロジェクト名:「明治おいしい牛乳 モーモーリサイクルラボ(MORE & MORE RECYCLE LAB)」

スタート日:2023年11月1日

背景(目的):
・【社会課題】紙パックのリサイクル率は約30%と、ペットボトルの回収率「94.0%」に比べて大幅に低くなっています。(2021年度)
・【施策を実施する意義】紙パックを使った製品を提供している企業・ブランドとして、紙パックリサイクルの普及率向上をリードし、持続可能な社会実現に向けて貢献します。

取り組み内容:生活者に気づきや楽しさを提供し、リサイクルに自然と取り組みたくなるようなコンテンツを発信しています。

 

出前授業プログラム詳細

実施日:2023年9月25日、10月2日
場所:千葉県我孫子市立布佐小学校
背景(目的):【施策を実施する意義】次世代を担う子供たちへの教育活動を通じて、長期的に紙パック
リサイクル普及率向上を目指します。
取り組み内容:当社と株式会社島精機製作所が講師となり、小学4・5年生を対象に紙パック
リサイクルについて学ぶ授業を実施。10月2日には、株式会社ダイイチ、株式会社島精機製作所のご協力のもと、紙パックから製作した「明治おいしい牛乳」デザインのタオルを児童に贈呈しました。また授業日から1か月間、授業の実践として児童は紙パック回収に取り組みました。
今後の展望:翌年4月には新5・6年生から新入生に、「紙パックを使ったリサイクルグッズ」の贈呈式を実施予定です。
協力:株式会社ダイイチ、株式会社島精機製作所

プログラムは、紙パックリサイクルの知識を身に着ける座学と、紙すき体験の二部構成。

授業の前半は当社と株式会社島精機製作所が講師となり、動画や製品を活用しながら「牛乳が食卓に届くまで」や「紙パックリサイクルの過程」「紙パックから生まれた製品」について講義を実施。

授業の後半では、児童が紙パックの洗浄・解体を行ったあと、紙パックから紙をつくる紙すき体験に挑戦。使い終わった紙パックが、新たに使えるものになることを実感する仕組みとなっています。

 

ドキュメンタリーWEB動画「みて・つくって・おくる!あたらしいリサイクルの教室」概要

タイトル:明治おいしい牛乳「みて・つくって・おくる!あたらしいリサイクルの教室」

公開日:2023年11月1日

出演 :千葉県我孫子市立布佐小学校 4・5年生の皆さん
小林道治校長先生
4年生担任 佐藤大地先生
5年生担任 佐久間祐樹先生
株式会社島精機製作所 岩崎伸哉さん
株式会社明治 鈴木美佐子さん
株式会社明治 井上健吾さん

背景(目的):動画として学校外・社外に発信していくことで、授業を受けた児童だけでなく、より多くの方に紙パックリサイクルに興味を持ってもらうことが狙い。

動画コンセプト:児童たちが、普段は見ることのない紙パックがリサイクルされる過程を学び、実践することで、紙パックリサイクルの大切さに気づく様子を伝える動画となっています。

公式サイト:https://www.meijioishiigyunyu.com/#recycling_classroom

 

明治おいしい牛乳製品紹介

発売から21年目の「明治おいしい牛乳」は、“生乳へのこだわり”、“当社独自の「ナチュラルテイスト製法」”と“徹底した品質管理”、により「新鮮な生乳のおいしさ」をコンセプトにしたロングセラー商品。

●明治おいしい牛乳(900ml・450ml・200ml・125ml×3・125ml・宅配専用180mlビン)

搾りたての生乳のような、まろやかなコクと自然な香り、すっきりとした後味の牛乳です。

 

●明治おいしい低脂肪乳(900ml・450ml・200ml)

脂肪分は「明治おいしい牛乳」に比べて50%オフ。

独自の「氷点濃縮製法」で作ったこだわりの乳原料を使用して、乳本来の香りと豊かなコクを実現しているため、脂肪分を半分に抑えながらも普通牛乳と同等のおいしさを味わえる商品です。

 

明治おいしい牛乳がスタートした紙パックリサイクル率向上を目的とした本プロジェクト。

「紙パックリサイクルを全然してなかった」と思った方は、ぜひこの機会に紙パックのリサイクルを始めてみてはいかがでしょうか。

「明治おいしい牛乳」公式サイト:https://www.meijioishiigyunyu.com/