関西電力株式会社は2023年11月1日、とある少女の人生の記録を描いた心温まるWEBムービー「わたしが灯る。」を公開。

主人公の女の子が大人になり一人暮らしを始めるまでを描いたWEBムービーでは、阿部サダヲさんが優しく語りかける様子が描かれています。

 

関西電力の心温まるWEBムービーが公開

関西電力は「『あたりまえ』を守り、未来の『あたりまえ』を創る」という理念のもと、毎日を安心して暮らせるよう生活者の日常に寄り添い、電力を供給してきた電力会社。

「ゼロカーボンへの挑戦」「サービス・プロバイダーへの転換」「強靭な企業体質への改革」という3つを主軸にグループ全体で推進。

発電事業を中心に、熱供給事業・電気通信事業・ガス供給事業等も展開している企業です。

今回関西電力が制作し11月1日から公開されたWEBムービーでは、1人の女性が子供から大人になるまでの成長の記録を描き、阿部サダヲさんが演じる“声の主”がその様子を優しく見守りながら語るという内容。

今回のWEBムービーにも起用された阿部サダヲさんは、2021年7月から関西電力のCMにも出演中。

主人公が失敗や挫折を経験しながらも成長していく姿を、温かく語りかける阿部サダヲさんが演じる“声の主”。時には「どんな時も全力で応援している。」「何回でも挑戦すればいい!」と心強い言葉を掛けつつも見守る様子は、保護者のようにも感じます。

やがて大人になり、生まれ育った家から旅立つ主人公は“声の主”へ「23年間、お世話になりました」と感謝を伝える様子も描かれています。

動画を最後まで見ると、主人公の人生に寄り添い続けていた“声の主”が正体を明かしてくれます。いったい“声の主”は誰なのか、その正体を想像・推理しながら動画を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

関西電力「電気の存在をより身近に感じて頂きたい」

本動画は「生活者の皆さまに、電気をより身近に感じて頂きたい」という想いのもと制作したと説明している関西電力。

いまや現代に生きる私たちの生活に欠かせない電気の大切さを改めて再認識して欲しい、という想いが込められていることが随所から伝わるWEBムービーとなっています。

WEBムービー内で“声”を務めた阿部サダヲさんは、

「初めての経験でしたが、とても素敵な企画だと思いました。まさか、“声の正体は?”みたいな取り上げ方があるとは思っていなかったので、(普通に演じるのではなく)もっと声を作れば良かったかなぁと少し後悔もしています(笑)」

とコメントされました。

 

WEBムービー詳細

●関西電力WEBムービー「わたしが灯る。」

公開日:2023年11月1日
URL:https://www.youtube.com/watch?v=I_SXelB0F7I

 

当たり前に明かりを点けて、当たり前に使用している家電製品。日本初の電灯が東京に登場した1882年から約140年程が経ち、電化製品があることが当たり前となりました。

しかし、あることが当たり前過ぎて、その大切さをふと忘れてしまうこともあります。

ぜひ関西電力のWEBムービーを見て、身近にある電気の存在を感じてみてはいかがでしょうか。

また、阿部サダヲさんが演じる声の正体もぜひご自身の目で確認してください。

関西電力公式YouTube:https://www.youtube.com/@kandenofficial/
関西電力公式:https://www.kepco.co.jp/