力強い伸びを見せたメイショウミモザ

[GⅢクイーンステークス=2022年7月31日(日曜)3歳上、札幌・芝1800メートル]

<函館競馬場>メイショウミモザはウッド5ハロンから単走。ゴール前で軽く気合をつけられる程度だったが、ラスト1ハロン12・5秒と力強い伸び。ひと息入ったが、好仕上がりだ。池添兼調教師「今朝は直線だけサラッとで十分。前走はGⅠの雰囲気にのまれたみたい。折り合いさえつけば」

 フェアリーポルカはウッド単走。4ハロン標から上がり重点に追われてラスト1ハロン12・6秒。近走は精彩を欠くが、動きは悪くない。菊本助手「中1週の競馬になるけどダメージはなさそう。前走は馬場がこたえたので良馬場でやりたいですね」

著者:東スポ競馬編集部