ヴェントヴォーチェは抜群の手応えで好仕上がりをアピール

[GⅢアイビスサマーダッシュ=2022年7月31日(日曜)3歳上、新潟・芝直1000メートル]

<栗東>ヴェントヴォーチェは重賞初挑戦となった前走の函館スプリントSは7着も一線級の実績馬相手に前半3ハロン32秒台の激流を経験したことは今後の糧となっていい。直線競馬も3歳時にはやぶさ賞を速い時計で勝利し、その適性を示している。

 待望の重賞制覇へ向けて注目の最終追い切りは坂路単走で行われ、4ハロン53・4―11・9秒の加速ラップを抑え切れない手応えでマーク。好仕上がりをアピールした。「もともと器用なタイプではなく、初めて重賞に挑戦した前走はテンの入りから少し戸惑いが見られました。経験しながらそのクラスのペースに慣れていくとは思うので、今回の直線競馬への出走で次はもっと楽に運べるはずと先を見据えた戦いではありますが、期待をもって臨みたい」と牧浦調教師。

 オヌシナニモノは坂路での単走追い。終始軽めの内容もラストはきっちり反応して12・2秒(4ハロン55・1秒)と脚を伸ばした。鵜木助手「今朝はしまい重点で。先週一番時計だったし、輸送もあるのでやり過ぎずに。素軽さが出てきたね。テン乗りの鞍上も先週またがってイメージをつかんでくれたようなので」

著者:東スポ競馬編集部