[GⅢレパードステークス=2022年8月7日(日曜)3歳、新潟・ダート1800メートル]

 ミステリー小説やサスペンス映画の結末のように“最後のピースがハマった”と感じる瞬間はスッキリする。最近記者にもそんなシーンがあった。レパードSに出走するメンアットワークが初勝利を挙げた瞬間だ。

〝伝説の新馬戦〟で2着に追い込んだメンアットワーク(左から3頭目=黄帽)

 昨夏のデビュー戦は2着。そのレースの勝ち馬は皐月賞→ダービーで連続2着のイクイノックス、3着馬は阪神JF勝ち馬サークルオブライフ、そして4着サトノヘリオスも未勝利→1勝クラスをレコードで連勝。俗に言う“伝説の新馬戦”。そこで2着したのだから勝ち上がりは時間の問題のはずだったが…その後9戦して3着が最高と勝利に全く手が届かない。

 ところが、ダートに替わった2走前に9馬身差の好時計V。残っていたピースが見事にハマり、伝説の新馬戦が“完成”した勝利でもあった。そして、やはり強かったんだ、と腑に落ちた一方「新馬戦がピークだった?」と見限っていた自分に悔しさも感じた。

 メンアットワークを担当する越村助手も別の意味で悔しさを感じたそう。いったん手を離れ、前走から再び担当に戻ったそうで、初勝利当時は別馬の担当として競馬場で生観戦していた。

「もともと新馬当時からいい馬だと思っていたのですが…。こんなに強いのか、(適性は)ダートだったのか、とすごく驚きましたし、それ以上に落胆もありましたね。もう少し早く自分が(ダート適性を)見抜いていれば、早くに勝たせてあげられたのですが」と苦笑いする。

 もっとも「今でも乗っていてダート向きと感じることはないんですね(笑い)。やっぱり芝のマイルから千八が合うイメージ」と続ける。それでもダートで圧倒的な強さを見せるのだから、それも競馬の奥深さ、難しさというものか。

ここにきて成長期を迎えた

 そして砂適性はもちろんのこと「未勝利を勝つ前あたりから走りや体つきが変わってきた」(相田助手)という“成長度”は見逃せない。「ピークは新馬戦」という当方の失礼な見立てとは真逆で、実はここにきてようやく成長期を迎えていたようだ。

「新馬当時より体も増えてますしね。コンスタントに使っていてもすごくタフな馬で、競馬を使いつつ成長していっているのでしょう」と越村助手。1週前の坂路では自己ベスト(4ハロン51・0秒)をマーク。「調教に乗った石川(レースは戸崎圭)も“最近乗った馬の中でも一番エグい”って。調子は良さそうですね」とさらなるパワーアップを遂げているようだ。

 もちろん、レパードSは砂の猛者揃いで簡単な戦いではあるまい。それでも一気の3連勝での重賞初V…「伝説の新馬戦」の“続章”開幕を期待させる馬だ。

著者:山口 心平