新馬戦を勝ったニシノコウフク

 6日の新潟6Rで行われた2歳新馬(芝外1600メートル、牝馬限定)は、新種牡馬サトノクラウン産駒のニシノコウフク(伊藤大)が好位から抜け出し、直線ヨーイドンの追い比べを1馬身半差で制した。勝ち時計は1分36秒2(良)。

 鞍上の三浦は「調教の時から良かったですね。オンオフのスイッチがはっきりしており、スピードがあって気性もいい。楽な感じで運べて、反応も悪くなかったです。いい勝ち方ができました」と笑顔。管理する伊藤大調教師も「素軽い動きで、いい競馬ができると思っていました。とても仕上がりが良かったですね」と満足そうにレースを振り返った。

著者:東スポ競馬編集部