叩き合いを制したカフジオクタゴン(手前)

レパードステークス2022

[GⅢ、2022年8月7日(日曜)3歳、新潟・ダート1800メートル]

 新潟競馬場で行われた3歳馬によるダート重賞・GⅢレパードSは、中団からしぶとく脚を伸ばしたホー騎乗の7番人気カフジオクタゴン(牡・矢作)が優勝した。勝ち時計は1分51秒9(良)。

 ゴール前は1、2番人気のタイセイドレフォン、ハピとの激しい叩き合いに。タイセイがしぶとく粘るとハピも離れた外からパワフルに脚を伸ばしてきたが、香港の名手ホーの右ステッキに応えてクビ+クビの接戦を制した。

「ありがとう」と日本語で第一声のホー。「水曜(3日)の追い切りでは少し太い感じだったけど、今日の返し馬ではしっかりして別馬のようでした。川田さん(2着タイセイドレフォン)のようなトップジョッキーと激しく叩き合って興奮しましたし、日本の2勝目で重賞を勝ててすごくうれしい」と喜びを爆発させた。

 短期免許で来日しているホーは初来日から2週目でのスピード重賞V。カフジオクタゴンと同じ矢作厩舎のラヴズオンリーユーで香港GⅠクイーンエリザベスⅡ世Cを制した実績のある確かな手腕を早くも見せつけた。

著者:東スポ競馬編集部