レパードSを制したカフジオクタゴン(左)

レパードステークス2022

[GⅢ、2022年8月7日(日曜)3歳、新潟・ダート1800メートル]

 渡辺 JRAの3歳ダート重賞は東京マイルのユニコーンSとレパードSの2つ。開催時期も条件も異なるが、将来を占う意味では重要度はこちらの方が高いかもな。 

 柏木 はい。トランセンドやホッコータルマエはこのレースの勝利をきっかけにダート界を席巻しました。今年のメンバーも500キロを超える大型馬が多かったこともありますが、パドックの雰囲気からも〝猛者〟が揃っていました。

 渡辺 上位3頭がクビ+クビの接戦で4着以下には5馬身差と水をあけた。この3頭はダート界の将来を担っていく逸材に成長してくれそうだ。中でも勝ったカフジオクタゴンは546キロの巨漢に見合った豪快でパワフルなフットワークが目を引いた。際どい勝負になったが価値ある1勝を手にしたことは今後に向けて意味は大きいな。

 柏木 まったく同感です。前半1000メートル通過が60秒5で1分51秒9の決着。先手を争ったヘラルドバローズとメイショウユズルハには少し厳しい流れでしたが、結果を出した組は素直に評価できる展開とタイムです。カフジオクタゴンはホー騎手の腕も光りましたね。来日後これが2勝目ですが、さすがは香港のトップジョッキーです。スッとインへと導いたことで外枠が不利となりませんでしたし、最後も追い負けませんでした。

 渡辺 興味深い点が血統面だ。芝巧者が多いモーリス産駒だが現3歳はハセドン(青竜S)に続いてこの馬が頭角を現してきた。今後のトレンドになるか注目したいな。

2着タイセイドレフォンの「プラス12キロ」

 柏木 2着タイセイドレフォンは前々走の鳳雛Sがハピから2馬身差の2着。前走を勝ってさらに調子を上げてきました。ロスなく立ち回った川田騎手のリードも完璧でしたが相手が一枚上手でした。

 渡辺 結果論にはなるがプラス12キロの馬体重がどうだったのか? それに2番枠の分、前めの位置取りとなり目標にされたのも痛かったかな。オレも柏木クンも期待していたハピは対照的に大外を回った分の3着だな。内容は決して勝ち馬に劣らないし、個人的には負けて悔いなしだ。

 柏木(藤岡)佑介騎手はうまく乗っていましたけど…。道中で外を回った分が最後の差となりましたか。

 渡辺 3番人気に支持されたホウオウルーレットは5着まで。まだ兄のオメガパフュームの域には達していないな。今後の成長を見守りたい。4着健闘のビヨンドザファザーは自己条件に戻れば要注目だ。

 柏木 直線は長い新潟ですがコーナーはきついですからね。枠順の有利不利はありましたし、4角で外に振られる馬がいたことも覚えておきたいですね。

著者:東スポ競馬編集部