仏GⅠ凱旋門賞(10月2日=パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)に出走を予定しているタイトルホルダー(牡4・栗田)が9月18日に出国することが10日、分かった。管理する栗田調教師が発表した。翌9月19日の朝に現地に到着する予定。

 先週フランスを訪れた栗田師は「視察に行って良かったです。装鞍所も見させてもらって導線も分かりました。調教コースの使い方が難しいと感じたので、いろいろと考えたいと思います」と話した。

著者:東スポ競馬編集部