馬房からひょっこり顔を出すフェーングロッテン

新潟記念2022

[GⅢ新潟記念=2022年9月4日(日曜)3歳上、新潟・芝外2000メートル]

 メンバー唯一の3歳馬フェーングロッテン(牡・宮本)は2走前の白百合Sを逃げ切り、前走のGⅢラジオNIKKEI賞を好位から抜け出して快勝。異なるスタイルの競馬で連勝を飾ってきた。

「ブリンカーの効果が大きいですね。どういう競馬でもできるようになっています。自在性がありますし、いい内容で前回を勝ってくれました」と担当の久保助手は目下の充実ぶりを評価する。

 中間は滋賀県のノーザンファームしがらきで短期放牧。帰厩後も調整は順調だ。

「春先の繊細な面がなくなってきて、カイバを食べるようになっています。成長期に入ってきましたね。肌つやがいいですし、仕上がりも問題ありません。古馬相手の競馬なのでチャレンジャーの気持ちで」と同助手。

 半兄は3歳秋にGⅠホースに輝いたピクシーナイト。厩舎期待の素質馬が、重賞連勝で秋のさらなる飛躍を誓う。

著者:東スポ競馬編集部