力強い動きを見せたフェーングロッテン

新潟記念2022

[GⅢ新潟記念=2022年9月4日(日曜)3歳上、新潟・芝外2000メートル]

<栗東>3歳馬フェーングロッテンはここ2走、リステッド・白百合S→GⅢラジオNIKKEI賞と2連勝を決め、今がまさに充実期。最終追いは坂路単走で強めに追われ、4ハロン52・7―12・1秒。力強い動きを見せた。

 久保助手は「全く違う競馬をして連勝。ブリンカー効果が出てきたのもありますが、競馬に幅が出てきました。精神的な成長はもちろん、ひと夏を越して体もさらに成長した感じ。古馬相手になるので力関係がどうかだけど、自分の競馬さえできれば」。重賞連勝へ意欲を見せた。

 ディアマンミノルはウッド6ハロンから併せ馬。追走してクビ差遅れもラスト1ハロン11・6秒(6ハロン83・7秒)とシャープに反応。久々でも好仕上がりだ。中井助手「久々はズブいところがあるけど先週より動きが良化。前走でもラストの脚は目立っていたし、ここも展開ひとつ」

著者:東スポ競馬編集部