ハービンジャーの後継としての期待も大きいブラストウェーブ

 18年の有馬記念など重賞5勝を挙げたブラストワンピースが引退後、種牡馬になれずに乗馬となるというニュースは当時驚きを持って受け入れられた。なにしろ死んだテンポイントを除けば、近年の有馬記念優勝馬で種牡馬にならなかった初の例になるからだ。

 有馬記念勝ち後のムラのある成績のせいか、6連敗で引退した印象が悪いのか。同時期に引退したマイルCS勝ちのペルシアンナイトも同じように乗馬となっており、馬産地ではハービンジャー産駒は魅力的とは映らないようだ。

 札幌2歳Sに出走するブラストウェーブは、そのブラストワンピースの全弟となる。500キロを優に超える馬体とフットワークは兄そっくりで、いやが上にも期待は高まる。

 母ツルマルワンピース(父キングカメハメハ)は、りんどう賞など3勝を挙げ、阪神JF5着。トライマイベスト=エルグランセニョールの全兄弟クロス4×3を持っている。

 繁殖成績は優秀で、ブラストワンピースのほかにもフローラSで2着し、巴賞など現3勝のホウオウピースフル(父オルフェーヴル)を産んでいる。

 祖母ツルマルグラマー(父フジキセキ)はファンタジーS2着。米国産の輸入繁殖馬である曽祖母エラティスの産駒には、日経賞を勝ち、菊花賞と春の天皇賞で2着したアルナスラインがいる。

 文句なしの成績でハービンジャー産駒初の後継種牡馬となるためには、ここで負けてはいられない。兄が札幌記念を制した地で、まずは重賞制覇だ。

著者:東スポ競馬編集部