札幌2歳Sは1番人気のドゥーラが差し切り勝ち

[GⅢ札幌2歳ステークス=2022年9月3日(土曜)2歳、札幌・芝1800メートル]

 3日、札幌競馬場で行われたGⅢ札幌2歳S(芝1800メートル)は、斎藤騎乗のドゥーラ(牝・高橋康)が1番人気に応えて快勝。

 中団追走から勝負どころでポジションを上げ、直線外からドゥアイズを差し切り、20年=ソダシ、21年ジオグリフと、2年連続で勝ち馬がクラシックホースに輝いている出世レースを制した。勝ち時計は1分50秒0(良)。

 管理する高橋康之調教師は開業9年目でこれがJRA重賞初勝利だった。

 ゴールした瞬間、左手を突きあげる派手なガッツポーズを繰り出した鞍上・斎藤は「札幌開催が進むにつれてだいぶ内側が悪くなってきてたので、この枠(7枠12番)はいいと思いましたし、2コーナー過ぎぐらいからドゥアイズが前にいてくれたので、これだけを目標に走らせてあげようと。決め手を持っているのは分かってましたし、道中リズム良く、僕がエスコートしてあげれば最後は必ずいい脚を使ってくれると信じてました」と喜びを伝えた。これが自身3度目のJRA重賞制覇となった。

著者:東スポ競馬編集部