ウッド1ハロン11秒台で先着したソングライン(左)

セントウルステークス2022

[GⅡセントウルステークス=2022年9月11日(日曜)3歳上、中京・芝1200メートル]

<美浦>安田記念を制したソングラインは優先出走権を持つ11月の米GⅠ・BCマイルに向け、テンの流れが速い米国競馬に対応させるため、チークピーシーズを着用してこのスプリント戦を使う。

 午前7時、雨で馬場が渋る中、津村(レースはルメール)を背に馬場入り。重賞2勝馬クレッシェンドラヴとともに、Bコース(ダート)をハッキングで軽く1周。その後、南ウッドで内から僚馬を2馬身追走。直線仕掛けられると加速し、きっちり先着した(5ハロン67・8―11・4秒)。

 津村は「先週より(体調は)上がったけど、春のGⅠ時のデキには追いついていない。息遣いももう少しという感じ。この馬は乗っていて左回りの方がギアの入った際のはじけ方が違う。今朝は先週と違って右回りだった分かもしれない。あとは千二の流れに戸惑わないか。スピードがある馬なので大丈夫だとは思うけど、本来はもう少し距離があった方がいい」。

著者:東スポ競馬編集部