意欲的な3頭併せで動きの良さを披露したメモリーレゾン(中)

ローズステークス2022

[GⅡローズステークス=2022年9月18日(日曜)3歳、中京・芝2000メートル、秋華賞トライアル]

<栗東>連勝中のメモリーレゾンはウッドで3頭併せ。自身は馬なりだったが楽な手応えで僚馬に併入した(6ハロン86・3―11・5秒)。手綱を取った長谷川調教師は「真ん中に入れたが非常に活気があって良かった。ローズSの傾向から前々で運べれば」と意気込みを語った。

 ロマンシングブルーは坂路で併せ馬。7月の小倉以来の休み明けとなるが、しっかりと追われて4ハロン51・9秒の好時計をマークした。渡辺調教師「前走は勝ち馬にうまく立ち回られたという感じでした。広いコースの方が合いそうで、走りのバランスがいいことから左回りでも問題ないとみています」

著者:東スポ競馬編集部