ダービー以来となるが順調な仕上がりを見せるオニャンコポン(左)

セントライト記念2022

[GⅡセントライト記念=2022年9月19日(月曜)3歳、中山・芝外2200メートル、菊花賞トライアル]

<美浦>オニャンコポンは小島調教師が自ら手綱を取って南ウッドでの最終追い。ルフィアンキック(古馬2勝クラス)を2〜3馬身ほど前に見る形でスタートし、直線は内に潜って併せ馬。最後まで大きなアクションはなかったが、ゴール前でグイッと前に出て半馬身ほど先着した(6ハロン85・6―12・3秒)。

「今日はそんなに強い調教は必要ないからね。まだ休み明けという感じはあるけど、それでも久々としてはできている。春より毛ヅヤも良くなっているし、パワーアップもしている」と小島調教師。今回は今後の路線を決める大事な一戦。決してメイチの仕上げではないにせよ、「(距離など)条件的にはここがいいからね。このくらい(の状態)でも走ってくれないと」と手応えアリの様子。秋初戦から成長した走りを見せてくれそうだ。

著者:東スポ競馬編集部