久々も好仕上がりのヴェルトライゼンデ

オールカマー2022

[GⅡオールカマー=2022年9月25日(日曜)3歳上、中山・芝外2200メートル]

 ヴェルトライゼンデは坂路で単走追い。テンからスピードに乗って軽快に登坂。四肢を大きく伸縮させるストライドが好印象で、4ハロン51・1―11・7秒と時計も優秀。万全の仕上がりを感じさせた。

 手綱を取った岩崎助手は「気合をつける程度でしたが、動き、時計とも良かったですね。先週のひと追いでだいぶ素軽くなったし、反応も抜群。復調というよりも進化していて、スピードと切れ味が増してきています。中山コースも合っているので楽しみですね」。好気配を伝えた。

 福永を背にポリトラックで単走のフライライクバード。ラスト1ハロン11・7秒と数字は出たが、反応はひと息。このひと追いでどこまで良くなるか。

 福永騎手「先週がダラッとした感じだったのでメリハリを利かせた。及第点の動きだけど、シャープさが足りないかな」

著者:東スポ競馬編集部