体調良化がうかがえたバーデンヴァイラー(左)

シリウスステークス2022

[GⅢシリウスステークス=2022年10月1日(土曜)3歳上、中京・ダート1900メートル]

<栗東>バーデンヴァイラーは福永が手綱を取り、ウッドでの併せ馬。馬なりでしまい重点の最終調整ではあったが、先週より体調良化がうかがえた(6ハロン85・6―53・9―37・9―11・6秒)。斉藤崇調教師「促さなくても自分からハミをとっていく感じで、先週しっかり追い切った効果もあり、馬も競馬モードに入ってきたようです」

 オーヴェルニュは団野を背にウッドで僚馬と3頭併せ。動く相手に若干後れを取ったが時計は6ハロン81・5―11・6秒と優秀。状態は悪くないようだ。団野騎手「以前は調教でもひっかかるくらいの行きっぷりで、それに比べれば乗りやすいけどテンのスピード乗りがもうひとつ。うまくカバーしながら競馬ができれば」

著者:東スポ競馬編集部