休み明けでもきっちり仕上がっているトゥラヴェスーラ

スプリンターズステークス2022

[GⅠスプリンターズステークス=2022年10月2日(日曜)3歳上、中山・芝外1200メートル]

<栗東>トゥラヴェスーラは坂路単走で4ハロン55・9―12・2秒。馬場の荒れた時間帯の登坂でもラストはしっかり。高松宮記念(4着)以来の復帰戦でも態勢は整っている。西岡助手「ここを目標にじっくり乗り込んできた。ラストの脚は確実だし、同じ休み明けの阪急杯でもあれだけ走れている(2着)馬なので」

 タイセイビジョンは福永を背にウッド6ハロンから3頭併せ。馬なりながら力強いストライドで最先着(6ハロン80・8―11・5秒)。相手を全く問題にせず、具合の良さを感じさせた。福永騎手「少し行きたがっていたけど先週より動きは良かったし、調子は良さそう。無理せずこの馬のスタイルで競馬ができれば」

仕上がり上々のメイショウミモザ

 メイショウミモザは坂路単走。ゴール手前で鞍上が仕掛けると力強く反応して、坂上まで勢い十分に駆け抜けた(4ハロン53・2―12・1秒)。仕上がりは上々だ。 池添兼調教師「GⅠで相手は強いが、攻めはしっかりやれている。体調はいいから、流れに乗ってどこまでやれるか」

著者:東スポ競馬編集部