軽快な走りで好仕上がりのナランフレグ(左)

スプリンターズステークス2022

[GⅠスプリンターズステークス=2022年10月2日(日曜)3歳上、中山・芝外1200メートル]

<美浦>ナランフレグは南ウッドで3頭併せ。テンから行きっぷりは軽快。ラストは古馬2勝クラスと併入フィニッシュも手応えは優勢だ(6ハロン84・6―12・0秒)。宗像調教師「ここにきて体が絞れてきたし、いい仕上がりにある。あとは時計が速くなったときの対応がカギとなりそう」

 マリアズハートは坂路で同厩の古馬2勝クラスの内を2馬身追走。ラスト1ハロンで並びかけると、最後まで楽な手応えで併入した(4ハロン51・2―13・0秒)。菊沢調教師「前走は枠順がこたえたが、しまいは脚を使えていた。中山は実績がある舞台だし、うまく脚をためられれば」

著者:東スポ競馬編集部