セントライト記念2着のアスクビクターモア(牡3・田村)は、引き続く田辺とのコンビで菊花賞(10月23日=阪神芝内3000メートル)に向かう。

「使った後のダメージもなく、むしろ状態はかなり上向いている。操縦性がアップしているので3000メートルも問題ない。来週から時計を出してピッチを上げていきます」と田村調教師。

著者:東スポ競馬編集部