ダート3戦目でシリウスSを制したジュンライトボルト

 ダートGⅢ競走のシリウスS(3歳上、1900メートル)が1日の中京競馬場で行われ、ダート転戦3戦目の4番人気ジュンライトボルト(牡5・友道)が快勝。中団インから勝負どころを外から押し上げて、直線あっさり先頭に立つと、勢い衰えずに重賞初タイトルを獲得した。勝ち時計は1分57秒7(良)。

 2005年のGⅢ朝日チャレンジカップ(ワンモアチャッター)からこれでJRA重賞55勝目となった友道厩舎だが、ダート重賞制覇は今回が初めて。直前に迫った仏GⅠ凱旋門賞(2日)に挑戦する同厩舎のドウデュースに向けて、エールを送る勝利劇となった。

 ダートに替わってから手綱を取り続けている石川は「いいタイミングで乗せていただきました。4角の加速力がこの馬の強みだと思っていましたが、その通りの競馬ができましたね」と振り返った。

著者:東スポ競馬編集部