頂点まであと一歩の走りを見せたパンサラッサ

天皇賞秋2022

[GⅠ天皇賞秋=2022年10月30日(日曜)3歳上、東京・芝2000メートル]

 レースを盛り上げたもう一頭の主役は誰が見ても2着パンサラッサ(牡5・矢作)だろう。スタートから鞍上・吉田豊がしごいて馬の闘志を引き出しハナへ。一旦そこで収まったかに見えたが、外からノースブリッジが体を併せてきたことで、さらにプッシュ。

 向正面に入ってからは後続との差を5馬身、6馬身とジワジワ広げ、3角では20馬身近く引き離す〝超逃げ〟で前半1000メートル通過ラップは57秒4のハイペース。それでも、直線に入っても後続にその差をなかなか詰めることはさせず、魂の走りで粘り切ったかに見えたが…。最後の最後で脚が止まり、イクイノックスの強襲を許す形となった。

 鞍上の吉田豊は「このところ最初はモタモタする傾向がありましたが、今日はゲートを出たので、ハイペースだとは思いましたが、馬の気に任せてそのまま行かせました。最後まで頑張っていたので何とかしたかったのですが…。涼しくなって調子は上がっていました。残念です」と悔しさを押し殺していた。

著者:東スポ競馬編集部