<栗東>今週のGⅢみやこS出走予定のハピの半弟にあたるアウトレンジ(牡=父レガーロ、母クイーンパイレーツ・大久保)が次週デビュー予定。兄ハピも管理する大久保調教師は「父レガーロはダートで活躍した馬で、この馬もコロッとした骨太の体形ではありますが、いかにもダートという感じでもないんですよね。先週乗ったジョッキー(横山典)の感触も良く、まずは芝からデビューさせます。どんな走りができるか楽しみです」。12日の土曜阪神芝外1600メートルか、13日の芝外1800メートルでデビューを視野に調整されている。

<美浦>12日の東京ダート1600メートル戦でデビュー予定のオメガキャプテン(牡=父ヴィクトワールピサ、母レッドルンバ・大和田)の気配がいい。1週前追い切りでは横山和を背に美浦坂路で4ハロン54・5―12・6秒。大和田調教師は「気が良くてスピードもありそう。ジョッキーが乗って感触をつかんでくれています。体形はダートなんだけど、思ったより走りが素軽い。ダートの適性がどうかも、いいものは持っていそうですよ」と期待の口ぶりだ。

アウトレンジの半兄ハピ

著者:東スポ競馬編集部