軽快な脚さばきで好調をアピールしたウインマイティー

エリザベス女王杯2022

[GⅠエリザベス女王杯=2022年11月13日(日曜)3歳上(牝)、阪神競馬場、芝内2200メートル]

 一昨年のオークス3着馬で今年のマーメイドS覇者ウインマイティー(5・五十嵐)が4日、次週のGⅠエリザベス女王杯(13日=阪神芝内2200メートル)へ向けて栗東トレセンで1週前追い切りを行った。

 角馬場でジックリと息を整えてからポリトラックコースへ移動。単走で前半はゆったりと進んで徐々に加速。残り1ハロンを過ぎてから鞍上がゴーサインを出すとスッと反応して、ラスト1ハロン11・9秒(6ハロン82・3秒)をマーク。軽快さの中にも力強さがあって状態は申し分なさそうだ。

 動きを見届けた担当の柴田助手は「ラストの反応が良かったですね。馬体が大きくなっていますし、息の入りも良くて前走以上の状態ですね。京都大賞典(3着)が周りを囲まれる競馬でその後のメンタル面を心配したけど、そこも克服してくれて、むしろ前向きさが出てきているくらい。コース、馬場は問わない馬ですからね」と好感触。芦毛のゴールドシップ産駒で5歳秋にして本格化してきただけにレースが楽しみだ。

著者:東スポ競馬編集部