ブレークアップが重賞初勝利

アルゼンチン共和国杯2022

[GⅡアルゼンチン共和国杯=2022年11月6日(日曜)3歳上、東京競馬場、芝2500メートル]

 6日のハンデGⅡ・アルゼンチン共和国杯は、田辺騎乗の6番人気ブレークアップ(牡4・黒岩)が重賞初V。好位3番手からリズム良く運び、直線残り300メートルあたりで抜け出して、そのまま押し切った。勝ち時計は2分31秒1(良)。

 先月の菊花賞(アスクビクターモア)に続く重賞Vとなった鞍上・田辺は「相手も強かったので勝てて正直ビックリしました。道中はいかにロスなく回れるかなと、考えていました」と話し、直線で前にいた逃げ馬キングオブドラゴンがヨレて内ラチにぶつかりバランスを崩す場面があったことについて「ちょっとアクシデントがあって僕もヒヤッとするところはあったんですけど、馬も影響なく回避してくれたので、リズム良く追いだしからいけました」と振り返った。

著者:東スポ競馬編集部