申し分ないムードが漂うイズジョーノキセキ

エリザベス女王杯2022

[GⅠエリザベス女王杯=2022年11月13日(日曜)3歳上(牝)、阪神競馬場、芝内2200メートル]

 イズジョーノキセキ(5・石坂)は休養を挟んで現在2連勝中。2戦ともにメンバー最速の脚を駆使している。前走のGⅡ府中牝馬Sで初めての重賞勝ちを決めており、勢いは十分といえる。

「もともと、いい馬でしたし、大きく変わった感じはないのですが、心身ともに良くなってきました(1週前調教で)ルメール騎手も『フットワークがすごい。動きも十分』と話してくれていたので」

 米盛助手が胸を張って言い切る。2200メートルの距離がポイントになるが、そこは昨年の5着馬。〈3・4・2・5〉と安定した戦績を残している阪神コースなら全く問題なさそうだ。

「前回は勝っていなかった左回りで勝ってくれましたし、強い相手に勝利してくれました。ここが最大目標でしたから」と同助手。7日朝のムードも申し分なく、臨戦態勢にも不備はない。

著者:東スポ競馬編集部