五指に余る好メンバーが揃った今年のエリザベス女王杯

エリザベス女王杯2022

[GⅠエリザベス女王杯=2022年11月13日(日曜)3歳上(牝)、阪神競馬場、芝内2200メートル]

 春のヴィクトリアマイル、秋のエリザベス女王杯。トップ牝馬の最大目標となる秋の牝馬GⅠとして定着している。

 近年は天皇賞・秋やJCを目指す〝女傑〟も増えてはきたが、オープンクラスの牝馬が集結するレース。必然的に〝リピーター〟が活躍する傾向にもある。ここ10年を見ても19→20年連覇のラッキーライラックを始め、ラキシス(2→1着)、モズカッチャン(1→3着)、クロコスミア(3年連続2着)、ヌーヴォレコルト(2→2着)と繰り返し好走する馬が多数いる。さて、今年はどんな結果に?

〝リピーター〟に注目すれば昨年覇者のアカイイト(5・中竹)。その後の成績が案外だが、とにかく昨年の勝ちっぷりは強烈だった。強力牡馬相手のGⅠにモマれた経験を糧に巻き返しなるか。さらに昨年5着イズジョーノキセキ(5・石坂)も前走・府中牝馬S勝ちで着実な地力強化をアピール。格上挑戦だった昨年以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

 ただ、今年は〝リピーター〟の好走を阻む新規参戦組が活況だ。まずは3歳勢から秋華賞1、2着馬が出走。スタニングローズ(高野)はスターズオンアース(3着)の3冠を阻止すると同時にオークス2着のリベンジを果たして秋華賞V。その秋華賞同様に〝バラ一族〟として祖母ローズバド、曾祖母ロゼカラーが敗れたエリザベス女王杯制覇を目指す。

 牝馬3冠10→3→2着と悔しい結果に終わった同厩ナミュールもここで悲願のGⅠタイトルを狙う。秋初戦の前走はプラス20キロ。馬体に実が入って着実な成長を見せた。秋華賞に続く高野ワンツーを決める可能性は十分あろう。ほかにも紫苑S3着ライラック(相沢)、春2冠で堅実な走りを見せたピンハイ(田中克)、さらに海外から外国馬も11年ぶりに参戦。愛オークス馬マジカルラグーン(ハリントン)ら3歳牝馬の充実ぶりは目を引く。

 もちろん古馬勢も層の厚さはなかなかのもの。底力では文句なしにナンバーワンのデアリングタクト(5・杉山晴)。オールカマーの敗戦が不可解だったが、叩き2戦目で無敗の3冠牝馬の底力は侮れまい。約2年ぶりの勝利で完全復活を宣言したいところだ。

 昨年の秋華賞3着馬アンドヴァラナウト(4・池添学)、オールカマーVで本格化をアピールしたジェラルディーナ(4・斉藤崇)、クイーンS連覇を果たしたテルツェット(5・和田郎)、マーメイドS勝ちウインマイティー(5・五十嵐)などもチャンスは十分。有力馬が五指に余る混戦ムードで激戦が予想される。

著者:東スポ競馬編集部