エリザベス女王杯2022

[GⅠエリザベス女王杯=2022年11月13日(日曜)3歳上(牝)、阪神競馬場、芝内2200メートル]

 1枠1番に入ったクリノプレミアムは午前10時に坂路を1本駆け上がった後、ウッドを軽く流した。伊藤伸調教師は「1枠は何度か経験しているからね。経済コースでロスなく運べれば。別に悪いとは思っていないよ。この馬はかかりやすいので、ポジションよりまずは折り合いだね」とコメント。

 前走・府中牝馬Sはいつも通りに調整した結果、プラス12キロと少し太め残りの出走となった。「以前は輸送すると馬房で暴れてたりして1日で10キロくらい減っていたんだけどね。年齢を重ねて落ち着いたのか、前回は輸送して1時間くらいでおとなしくなったみたい。いつもなら480キロ台が490キロ台になってしまった。今回はうまく調整しているつもり」(同調教師)

 今回はこれまで経験した9ハロンの距離より2ハロン長く、鞍上の武豊はテン乗り。一方でコーナー4つの右回りは最も得意とする舞台設定だ。意外性が持ち味のオルフェーヴル産駒だけに、名手の手綱次第では15番人気を覆した中山牝馬Sのように大仕事をしそうな雰囲気もある。

著者:東スポ競馬編集部