スタニングローズは14着に敗れた

エリザベス女王杯2022

[GⅠエリザベス女王杯=2022年11月13日(日曜)3歳上(牝)、阪神競馬場、芝内2200メートル]

 秋華賞でワンツーを決めた高野厩舎2頭はスタニングローズ14着、ナミュール5着に敗れた。ナミュールは道中で何度も他馬と接触する場面があってのもので「3回ぶつけられて気持ち的に苦しくなった」と横山武。不利を受けての掲示板確保なら力は示した。

 問題は秋華賞馬のほうだ。直線に向いた時にはすでに余力がなくなっており、「雰囲気は良かった。スムーズな競馬もできたのに残り800メートルから手応えがなくなってラストは脚が上がってしまった」と坂井は首をかしげるばかり。高野調教師は「最後はフットワークがバラバラに。これから敗因を分析していきたい」。すでに招待を受諾している香港ヴァーズ(12月11日=シャティン競馬場、芝2400メートル)については状態を見てから判断されるとのことだ。

著者:東スポ競馬編集部