元気な姿を見せたジェラルディーナ

エリザベス女王杯2022

[GⅠエリザベス女王杯=2022年11月13日(日曜)3歳上(牝)、阪神競馬場、芝内2200メートル]

 13日のGⅠエリザベス女王杯で初のビッグタイトルを獲得したジェラルディーナ(牝4・斉藤崇)は、レースから一夜明けた14日朝、洗い場で元気な姿を見せていた。

「厩舎に戻ってきたのは(13日午後)7時くらいでした。今のところ、ダメージは見られませんね。カイバも食べてくれていますので」

 担当の団野助手がほほを緩める。大外18番ゲートから力強い差し脚でV。「外枠がかえって良かったです。少しでも馬場のいいところを走れましたから。最後は声が出ました。本当にうれしかったです」。人馬揃っての初GⅠ制覇に、最後まで笑顔が絶えなかった。

 15日に滋賀県のノーザンファームしがらきへリフレッシュ放牧される予定。本格化した3冠牝馬ジェンティルドンナの娘が、次走以降のビッグレースでも好勝負を繰り広げてくれそうだ。

著者:東スポ競馬編集部