豪華メンバーでも主役候補はやはりソダシ(右)

マイルチャンピオンシップ2022

[GⅠマイルチャンピオンシップ=2022年11月20日(日曜)3歳上、阪神競馬場、芝外1600メートル]

 ニホンピロウイナー、シンコウラブリイ、タイキシャトル、デュランダル、ダイワメジャー、モーリス…1984年の創設以来、そのレース名通り短距離界のチャンピオン、一流マイラーが数多く優勝馬に名を連ねている。

 過去10年の勝ち馬の前走レースを見ても毎日王冠、富士S、天皇賞・秋、スプリンターズS(各2勝)、京都大賞典、安田記念(各1勝)と多岐にわたる。古馬の中距離路線や短距離路線、さらにはマイル路線を歩んできた3歳勢から実力馬が集ってハイレベルな闘いが繰り広げられるレースだ。

 今年も各路線から多彩な役者が揃ったが、やはりここも〝主役〟はソダシ(牝4・須貝)だろう。春のヴィクトリアマイルで3つ目のGⅠタイトルをゲット。その後の2戦は5→2着と勝ち切れていないが、ここまで4戦無敗の芝マイルに替われば話は別。勝てばGⅠ4勝目、牝馬のJRA重賞7勝は史上12頭目、JRA芝1600メートルの重賞5勝は史上5頭目となる。

 ただ、ライバル勢もなかなかの強豪揃いだ。サリオス(牡5・堀)は前走・毎日王冠で2年ぶりの勝利を手にし、健在ぶりをアピール。唯一のGⅠタイトルである朝日杯FSを勝った時と同じムーアとのコンビ復活で完全復活を宣言できるか。

 シュネルマイスター(牡4・手塚)は3歳春の安田記念3着に始まり、昨年のマイルCS2着、今年の安田記念でも2着。現役屈指のトップマイラーながら2つ目のGⅠにわずかに手が届いていない。距離不足のスプリンターズS9着で気合を注入された今回は本来の差し脚を発揮できそうだ。鞍上・ルメールには同レース3連覇がかかる。

 サマーマイル王者ウインカーネリアン(牡5・鹿戸)も3連勝中と勢い十分。決め手非凡なジャスティンカフェ(牡4・安田翔)やソウルラッシュ(牡4・池江)らも東京の長い直線で爪を研いでいる。

 その一方で、富士Sを快勝したセリフォス(牡・中内田)、同3着のNHKマイルC覇者ダノンスコーピオン(牡・安田隆)といった3歳馬も経験豊富な古馬勢に虎視眈々。18年ステルヴィオ以来4年ぶり6頭目の3歳馬制覇を目指す。

著者:東スポ競馬編集部