ウッド1ハロン11・3秒で先着したセリフォス(左)

マイルチャンピオンシップ2022

[GⅠマイルチャンピオンシップ=2022年11月20日(日曜)3歳上、阪神競馬場、芝外1600メートル]

<栗東>休み明けの前走、富士Sで豪快な差し切り勝ちを収めたセリフォス。悲願のGⅠ制覇へ向けてこの中間も順調な仕上がり状況が目につく。

 注目の最終追い切りは今回新たにタッグを組むレーンが手綱を取り、ウッド6ハロンから併せ馬で行われた。

 先行する併走相手を目標に道中雰囲気のいい走りで進み、ラストも馬なりながらしっかり脚を伸ばして1ハロン11・3秒の高速時計をマーク(6ハロン82・4―67・4―52・3―36・6秒)。クビ差先着を果たした。

 騎乗したレーンも好感触で、「VTRを見ていいイメージは持っていましたが、今朝のフィーリングもすごく良かったのでとてもハッピーです。競馬で騎乗することを楽しみにしています」。

著者:東スポ競馬編集部