切れのある動きを見せたダノンスコーピオン

マイルチャンピオンシップ2022

[GⅠマイルチャンピオンシップ=2022年11月20日(日曜)3歳上、阪神競馬場、芝外1600メートル]

<栗東>ダノンスコーピオンは坂路で単走追い。手応えに余裕を残しながら登坂して切れのある動きを披露。1ハロン12・0秒でフィニッシュした(4ハロン52・0秒)。休み明けの前走・富士Sも0秒1差の3着に善戦したが、今回は型通りの良化を見せており、今春のNHKマイルカップに続く2つ目のGⅠ制覇が視野に入ってきた。

 安田隆調教師の話しぶりも前向きで、「前走後も在厩で順調に調整できています。精神面でどっしりした感じとなり、春より成長がうかがえます」。

著者:東スポ競馬編集部