東スポ杯2歳S覇者ガストリックはホープフルSを視野

東京スポーツ杯2歳ステークス2022

[GⅡ東京スポーツ杯2歳ステークス=2022年11月19日(土曜)2歳、東京競馬場、芝1800メートル]

 19日、東京競馬場で行われたGⅡ東京スポーツ杯2歳S(芝1800メートル)は、三浦騎乗で5番人気のガストリック(牡・上原博)が勝利。中団後方を追走し、直線はスルスルと馬群を縫って、最後は外から迫る2着ダノンザタイガー(牡・国枝)との追い比べをクビ差制した。勝ちタイムは1分45秒8(良)。

 先週の武蔵野Sから2週続けての重賞Vとなった三浦は「今回は馬群を割って勝った。大きい舞台を目指す上でいいレースができました」と振り返り、「大事なレースを任せていただいたオーナーに感謝です」と満面の笑みを見せた。

 実戦では初騎乗だったが、「この馬と大きいところを目指すつもりで2週間調教に騎乗していました。まだ緩さがありましたが、スピードに乗った時の沈み方に関して、なかなかこういう馬はいないなと感じていました」と事前のコンタクトが実り、期待通りの勝利となった。

 今後は馬の様子を見て、12月28日のGⅠホープフルS(中山芝内2000メートル)へ向かう予定。上原博師は「ここで勝った馬なので王道を行ってくれれば」と話した。

〝ノースヒルズ軍団〟からまたしても誕生したスター候補。19年の東スポ杯2歳Sを制し、のちに3冠馬へ大出世したコントレイルと同じ道を突き進む。

著者:東スポ競馬編集部