テーオーロイヤルは菱田を背に力強いフットワークで駆け抜けた

ジャパンカップ2022

[GⅠジャパンカップ=2022年11月27日(日曜)3歳上、東京競馬場、芝2400メートル]

〈栗東〉アルゼンチン共和国杯6着からの臨戦となるテーオーロイヤルは菱田が騎乗してウッドで単走。直線で鞍上が気合をつけると、ラスト1ハロン12・1秒(6ハロン81・7秒)と力強い伸びを披露。しっかりと集中力を保ったままゴール板を駆け抜けた。

 栗原助手「休養明けの2走前は使った後にクタっとしましたが、この中間は大丈夫。前走と同様に状態もいいですし、スムーズに能力を発揮してどこまでやれるか」

著者:東スポ競馬編集部