ジャパンカップ2022

[GⅠジャパンカップ=2022年11月27日(日曜)3歳上、東京競馬場、芝2400メートル]

 デアリングタクト(牝5・杉山晴)は25日、栗東坂路で最終調整。ラスト1ハロン15・8秒のタイムで急勾配を駆け上がってきた。

「最終追い切り後も順調ですし、デキは高いレベルをキープできていると思います」

 杉山晴調教師が満足げにうなずく。デビュー以来初となる中1週のレース間隔になるが、心配事は一切ない。前走のGⅠエリザベス女王杯は6着だったが、内々で窮屈(きゅうくつ)なレースを強いられた上に、結果的に外を通る組に有利な馬場状態だった。

「どの馬にもフェアな良馬場で改めて見直したいですね。東京コースはいいと思いますし、今回騎乗してもらうマーカンド騎手が、新しい面を引き出してくれないかと期待しています」とトレーナーは力を込めた。20年の無敗3冠牝馬が、GⅠオークスを制した思い出の舞台で復権を目指す。

著者:東スポ競馬編集部