【日曜東京6R=芝1800メートル】

スッキリと仕上がったタスティエーラ(手前)

 タスティエーラ(牡=父サトノクラウン、母パルティトゥーラ)は先月上旬に美浦へ入厩後は順風満帆な調整が続けられてきた。先週はムーアを背に南ウッドで3頭併せを敢行。5ハロン66・5―11・3秒をマークして、年長馬相手に馬体を並べる好フィニッシュを飾っている。体に太め感はまったくなく、いきなりからエンジン全開ムードだ。堀調教師も「まだ若馬らしい不安定さはあるが、柔らかい動きをするし、反応も速い。能力は高く、初戦から期待したいね」と確かな手応えを感じている。

著者:東スポ競馬編集部