短期免許で来日するデヴィッド・イーガン

 若干23歳の〝世界のホープ〟が、短期免許で騎乗へ。デヴィッド・イーガン騎手(アイルランド出身=イギリス拠点)が、約2か月に渡って国内のレースシーンに参加。今夏のワールドオールスタージョッキーズ出場以来の来日を果たす。

 期間は12月11日のGⅠ阪神JFウイークから、来年1月末の開催まで。栗東所属のジョッキーとして競馬に参加する。初来日した8月のWASJでの手綱さばきは記憶に新しいところ。9月には英クラシック競走のGⅠ英セントレジャー(エルダーエルダロフ)を初制覇している。

 21年のサウジC(当時はリステッド競走で現在はGⅠ)、GⅠドバイシーマクラシック(2着クロノジェネシス、3着ラヴズオンリーユー)、GⅠ英インターナショナルSをミシュリフで勝利。長身にもかかわらず、体が軽く、しなやかな身のこなしで騎乗する。勤勉、努力家として知られており、今後の飛躍が期待されている欧州の若手有望株だ。

 すでにグレードレースの騎乗オファーも舞い込んでおり、来日する最初の週から重賞競走に参戦予定。日本を離れるムーア、レーンからバトンを受ける形となる新たな外国人騎手の存在は、大きな注目を集めそうだ。

著者:東スポ競馬編集部