シュネルマイスター(左)とウインマリリン

 香港国際競走(11日=シャティン競馬場)に出走する手塚厩舎2頭が1日、美浦で国内最終追い切りを行った。GⅠ香港マイル(芝1600メートル)のシュネルマイスター(牡4)、GⅠ香港ヴァーズ(芝2400メートル)のウインマリリン(牝5)による南ウッド豪華併せ馬。1馬身半ほどの間隔を保ってウイン→シュネルの隊列で進み、直線で馬体を並べると両馬譲らずの併入決着となった。

 シュネルマイスター=6ハロン84・9―11・9秒、ウインマリリン=85・7―12・0秒と時計的には控えめなものとなったが「前走から中2、3週だからね。併せ馬をできたことが良かったし、問題ない動きだった。2頭とも順調にきています。シュネルはもう508キロ。しっかり回復しているし、輸送もこたえないタイプでしょう。ウインはヒジの状態も問題なく体調はいい。(輸送で)体が減るだろうから、現地でどれだけ体重を戻せるかだね」と手塚調教師は語った。

著者:東スポ競馬編集部