ワンダイレクト(手前)が差し切り

 4日の中京5R・2歳新馬戦(芝2000メートル)は、ルメール騎乗で3番人気のハービンジャー産駒ワンダイレクト(牡・藤岡)が中団追走から直線で鮮やかに差し切り優勝。内の1番人気メズマライジングをクビ差で退けた。勝ち時計は2分02秒5(良)。

 ルメールは「真面目に走ってくれましたね。追い切りも良かったので自信がありました。道中は冷静に走っていましたし、直線もいい反応。最後もいい脚で駆け抜けてくれました」と快勝を振り返った。

著者:東スポ競馬編集部