松山騎乗で軽快な走りを披露したプラダリア

日経新春杯2023

[GⅡ日経新春杯=2023年1月15日(日曜)中京競馬場、芝2200メートル]

<栗東>プラダリアの昨春は青葉賞の勝利からダービーでも5着善戦と存在感を示したものの、期待された秋シーズンは神戸新聞杯8着、菊花賞7着とやや物足りない結果に終わった。

 成長の求められる明け4歳初戦へ向けて、その仕上がり具合に注目の集まった最終追い切りには松山が騎乗し、坂路単走で行われた。馬なりで4ハロン53・8秒をマークし、休み明けでも力を発揮できるだけの態勢は整った様子をうかがわせた。「今までにないくらい体が増えて戻ってきてくれました。その分調整がしやすく、やるごとに絞れていい体つきに。こういうふうに成長してほしいなと思い描いていた通りの体になってくれて、今年が本当に楽しみな一頭です。追い切りには2週続けてジョッキー(松山)に乗ってもらいましたし、癖のない馬ですから乗り替わりも心配ないですよ」と池添学調教師は4歳初戦に期待を寄せた。

著者:東スポ競馬編集部