ポッドボレッド

[GⅡ京都新聞杯=2022年5月7日(土曜)3歳、中京競馬場・芝2200メートル]

【火曜朝の表情・栗東】すみれSを制し、賞金の上積みに成功したポッドボレット。2着以内でもダービー出走が確定する立場だ。「前走は上手に乗ってもらいましたし、今回も前に馬を置く形で競馬をしてもらおうと思っています。器用な走りもできますが、跳びが大きく、本質的には直線の長いコースのほうが合うはず。左回りも経験していますからね」と辻野調教師。さらなる賞金加算に自信を見せていた。

 川田を鞍上に配し、1着勝負でダービー出走を目指すリアド。2番人気に支持された前走の毎日杯は5着だったが、友道調教師は「あのレースの敗因は道悪。かなりノメっていたようだし、今回も良馬場前提での期待になりそうだね。持っている能力は確かなものがあると思うし、徐々にではあるが、成長を感じる動きもしている」と血統馬の覚醒を期待している。

著者:東スポ競馬編集部