JRA通算93勝を挙げた竹之下智昭騎手(43=栗東・千田)が20日を持って騎手を引退した。この日の騎乗はなく、5月6日の京都8Rシュピカ(4着)が最後のレースとなった。今後は栗東の千田厩舎で調教助手となる予定。

 竹之下騎手の話「26年間ジョッキーを続けられて本当に幸せでした。良いこともあり、しんどいこともあり、いろいろな思い出があります。その中でも日本ダービー(19年=ヴィント14着)に乗せてもらえたことは最高の思い出でした。長い間ありがとうございました」

著者:東スポ競馬編集部