8番人気で水無月Sを制したスリーパーダ

 10日の阪神のメイン・水無月S(3歳上3勝クラス、芝内1200メートル)は、8番人気のスリーパーダ(牝4・斉藤崇)が勝利。前半3ハロン33秒2のハイペースを中団で折り合い重視の追走。直線へと向かうと上がり33秒7の末脚を駆使して鮮やかに突き抜けてみせた。勝ちタイムは1分07秒5(良)。

「厩舎サイドが工夫してくれたことで、落ち着いてレースに臨めました。それにしても最後の脚はすごく良かったですし、馬の成長を感じました」と坂井。

著者:東スポ競馬編集部