クイーンSを制し2つ目の重賞タイトルを手にしたドゥーラ
クイーンSを制し2つ目の重賞タイトルを手にしたドゥーラ

 7月のGⅢクイーンSを制したドゥーラ(牝3・高橋康)が15日、栗東トレセンに帰厩。GⅠ秋華賞(10月15日=京都芝内2000メートル)を目指して16日から調整を開始する。

「体を増やして帰ってきてくれました。今で490キロくらいです。レースまでの調整で、ちょうどいい体になると思います。いいお休みになったようですよ」と担当の原口助手は近況を伝えた。

 1冠目のGⅠ桜花賞では14着に敗れたが、2冠目のGⅠオークスでは15番人気ながら3着に反発。北の大地で得た2つ目の重賞タイトルを手土産に3冠目でも好走を目指す。

著者:東スポ競馬編集部