3着に終わったシャザーンの岩田望は上位2頭との差を語った
3着に終わったシャザーンの岩田望は上位2頭との差を語った

セントライト記念2023

[GⅡセントライト記念=2023年9月18日(月曜)3歳、中山・芝外2200メートル、菊花賞トライアル]

 皐月賞6着、日本ダービー9着と春からの雪辱を期した3番人気シャザーン(牡・友道)が3着に入り、本番への切符を手にした。

 中団から運んだ前走から一転、先行集団を見ながら好位の6、7番手を追走。大きくリズムを崩すことなく、4角から進出を開始したが、上位2頭とは決め手の差が出た格好で3着を確保するのがやっとだった。

 4戦連続で手綱を取った岩田望は「ここ3走よりゲートも出てすごくいいポジションでレースを進められた。リズム良くかかるところもなく運べたし、直線も勝てる手応えでしたが、上位2頭は強かったです。改めてこの馬の能力を感じたし、次以降もこういう競馬ができれば楽しみです」と期待を寄せた。

 父ロードカナロア、母クイーンズリングはいずれも4歳でGⅠ初制覇を成し遂げた遅咲き。本馬も類まれな機動力を受け継いでおり、今後の成長がより楽しみになる一戦だった。

著者:東スポ競馬編集部