7着に敗れたアートハウス

[GⅠオークス=2022年5月22日(日曜)3歳、東京競馬場・芝2400メートル]

 2番人気アートハウスは好位3番手を追走。直線は馬場のいい外めへを進路を取って押し切りを図ったが、後続の追い上げに抵抗できず7着に沈んだ。

 忘れな草賞での勝ちっぷりだけでなく、川田が桜花賞馬ではなくこの馬に騎乗するという事実。支持したファンが桜花賞の王道組を打ち負かす最有力候補とみたのは当然か。しかし、「追い切りの段階からバランスを崩した走りになっていましたが、その通りの競馬になってしまいました」(川田)と直線では左右にふらつくような走りで忘れな草賞のような力強い脚は見せられなかった。

「現状では精一杯走ってくれたと思います」と続けた川田。追い切り後の会見でも指摘していた〝バランスの悪さ〟が実戦での能力発揮を阻んだ。エリカ賞でも本来の走りができずに凡走(6着)した〝前科〟があるように、今後はコンスタントに能力を発揮するため自身との闘いが大事になってきそうだ。

著者:東スポ競馬編集部