2着に激走したスタニングローズ(左)

[GⅠオークス=2022年5月22日(日曜)3歳、東京競馬場・芝2400メートル]

 スターズオンアースには完敗の形だったとはいえ、高野厩舎の2頭=2着スタニングローズ、3着ナミュールが好走を果たした。
 
「薔薇一族」の夢を乗せ、初の牝馬クラシック制覇に挑んだスタニングローズ。抜群のスタートから絶好位をキープし、手ごたえ良く追走。ラストまでしっかりとした走りでレースセンスの高さを改めて示した。高野調教師は「言うことない競馬でした。単に勝ち馬が一枚上だったということで。力を出し切れたということの満足感はあります」。桜花賞をパスして体調アップを図ったことが吉と出た形だ。鞍上のレーンは「体の成長の余地があるので秋は一層楽しみな馬になるはず。瞬発力とスタミナを兼ね備えている」とベタ褒めした。

 一方のナミュールは桜花賞時とは馬体重こそ変わらなかったが、パドックからトモの運びに良化がうかがえた。「スタートが決まったし、完璧ではないとはいえ、リズム良く追走できた。距離をこなせたのは収穫です」と師が振り返れば、横山武も「前走時よりも力む面がなかった」と調教、返し馬と工夫した成果を好走要因に挙げた。それぞれ秋華賞へ向けて実りの多い一戦となったようだ。

著者:東スポ競馬編集部