アルゼンチン共和国杯2023

[GⅡアルゼンチン共和国杯=2023年11月5日(日曜)3歳上、東京競馬場・芝2500メートル]

【トレセン発秘話】目下、3年連続で関東馬が制しているアルゼンチン共和国杯だが、今年はいかにも劣勢。同条件で行われた5月の目黒記念でワンツーを決めたヒートオンビート、ディアスティマを始め、新潟記念2着で復活をアピールしたユーキャンスマイル、舞台巧者のマイネルウィルトスなど、いずれも関西馬だ。

 とはいえ、近5年で5番人気以下の伏兵が6頭も馬券に絡んでいる波乱含みのハンデ重賞。人気薄でも関東馬の激走をケアしておくべきだろう。

「今年の夏は暑かったですからね。その点、最近は涼しくなってきましたから。体調としては今回のほうがいいですよ」

 デキの良さをアピールするのはグランオフィシエの池内助手。1週前の南ウッドでは5ハロン66・2―11・5秒の好時計を馬なりでマーク。これは自動計測が導入されて以降の自身のベストタイムなのだから、池内助手の言葉通りなのだろう。

 そうはいっても近2戦は七夕賞13着、新潟記念11着とさすがに負け過ぎ? 実際のところ、池内助手も「重賞ではいい競馬ができていないので…」と控えめだったのだが、両重賞はあくまで距離2000メートル。3勝クラスを勝ち上がったのが2200メートル(1中・迎春S)、リステッドを制したのが2400メートル(2東・メトロポリタンS)であることを考えると、過去最長距離となる今回の2500メートルで大きくパフォーマンスを上げる可能性は十分あるのでは。

 加えて魅力を感じるのが手綱を取る北村宏司だ。今年の上半期は16勝止まりだったものの、7月以降は4か月で20勝のハイペース。8月にアスコリピチェーノで新潟2歳S、9月にはノッキングポイントで新潟記念を制するなど、重賞でも存在感をアピールしている。「流れに応じたポジションを取れるのがグランオフィシエの持ち味。そういう良さを好調の北村さんに引き出してもらえたら」と池内助手。今回が初コンビとなる鞍上の手腕に大きな期待を寄せている。

 デキの良さに加え、距離延長、好調ジョッキー…。今年のアルゼンチン共和国杯は魅力満載の関東馬グランオフィシエが高配当を呼び込むかもしれない。

激変の材料が揃ったグランオフィシエ
激変の材料が揃ったグランオフィシエ

著者:藤井 真俊